開催概要

※新型コロナウィルス感染症の状況により、実施形態やスケジュール等は変更になる可能性があります。
※一般聴講については詳細が決まり次第本ページにてお知らせします。

日程:2021年12月17日(金)午後

会場:日本橋三井ホール(〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町1 4F・5F)及びオンライン

アクセス:

ファイナリスト

時間(日本時間) 内容
14:25-14:35 人工衛星と放置艇リユースを活用した移動式養殖漁業 ~ B.R.A.S.A.S. (ブラサス) ~ 
チーム名:BRASAS 代表者名:柴田 祐也
地方自治体や個人が処分に困っている放置艇は、海洋汚染や二次災害を引き起こす海洋ゴミとなる可能性が高く、世界中で問題となっています。我々は衛星データによる位置測位と自動運転の技術を応用し、放置艇を自動航行可能な養殖筏に生まれ変わらせます。放置艇を削減しつつ、自動航行により従来養殖の労力も削減する、海にやさしいサステナブルなビジネスを実現します。
14:35-14:45 ハイブリッドキックモータによる小型宇宙機の可動性の向上 
チーム名:Letara 代表者名:ケンプス ランドン
人類の経済圏は小型衛星により地球周回軌道まで広がっているが、推進系非搭載の小型衛星は軌道上を無秩序に周回する。宇宙輸送に秩序を与えるには、主要な宇宙輸送ハブ(地球周回軌道、月周回軌道、火星周回軌道等)間を大量輸送で結ぶ宇宙輸送網の構築が予想される。この時、最寄りの宇宙輸送ハブから最終目的地へ向かうためのラストマイル輸送が重要となる。我々はラストマイル輸送に適したキックモータを開発し提供する。
14:45-14:55 Lunar Night Survival as a Service 
チーム名:Moonlode 代表者名:Dr. Andrew Barton
More than 30 organisations around the world are developing lunar surface equipment today, aiming to fly on commercial landers in the next 1-5 years. Some of them are planning to spend over $50M on their mission, which without lunar night survival capability, will operate for less than 2 weeks on the Moon.
Moonlode's Survival product range enables small, integrated and modular solutions to support equipment to survive the lunar night. The solution would be modular and space-qualified. The Survival product range, and associated product customizations and consulting, has the potential to generate US$30M of revenue over the next 10 years, just in the beachhead market of lander-mounted equipment.
From this beachhead, Moonlode will expand into the much bigger bigger markets for infrastructure on the Moon.
14:55-15:05 海洋資源探査を効率化するための3次元海洋観測システムの開発 
チーム名:MizLinx 代表者名:野城 菜帆
海洋資源探査を効率化する海洋観測システムを開発する。海洋資源は大きく魚介類等の水産資源と、レアメタル等の海底資源に分けられるが、まず水産資源の課題解決をはかるシステムを開発し、漁業/養殖業の効率的な操業を可能にすることで持続可能な水産業を実現する。将来的には海底資源探査や、船舶の自動運航等、あらゆる海事産業で役立てられるような、海洋データプラットフォームサービスを作ることが目標である。
15:15-15:25 宇宙空間における静電気検知サービス ~静電気事故の無い世界へ。光差す道となれ~ 
チーム名:Nano Q 代表者名:太田 雄士
人工衛星の静電破壊を防ぐことは、中軌道帯への進出や大量の人工衛星の運用に不可欠である。我々は、半世紀に及ぶ宇宙開発において、予見不能な事故原因として問題となってきた静電気を検知するサービスを提案する。シリコン光技術を用いれば、宇宙空間でも安全に使用できる静電気検知センサが開発可能である。静電気対策に頭を悩ます宇宙産業に、静電気検知モジュール販売を行う。宇宙分野で事業を開始し、地上分野にも展開する。
15:25-15:35 Suijin - Water Quality Measurement from Space 
チーム名:Oceo Water Private Limited 代表者名:Mr. Vikram Gulecha
Suijin provides satellite-based hydrological analysis for remote water quality monitoring for lake, ponds and other open water bodies. Unlike conventional costly and time-consuming sample collection and IoT based point measurement methods used in lake water quality analysis, our services can help detect, predict and forecast productivity of lakes at a high rate of precision without physically being present on the field.
15:35-15:45 EcoSpace : IOT Satellite the Wildfire Early Warning Detection Systems 
チーム名:EcoSpace 代表者名:Ms. Kanchanit Thumrongboonkate
EcoSpace provide the wildfire early warning system detection by leverage the IOT Satellite communication in non-internet coverage area example forest. By the combination of ground sensors and IOT satellite, we can provide the early stage of wildfire monitoring. EcoSpace's Prototypes was successfully tested with IOT Satellite of the University of Tokyo during Oct 2020 to Mar 2021.
15:45-15:55 ChipSpace 
チーム名:ChipSpace 代表者名:Ms. Victoria Alonsoperez
ChipSpace is a platform that correlates data from Chipsafer's terrestrial sensors with purchased Axelspace satellite imagery in order to assist livestock farmers increase their yield by making better use of the resources they have, such as land and water, while also contributing to regenerative farming. More precisely, this combined Chipsafer and satellite data can help farmers: detect pasture quality/ degradation early on; improve their management at the farm level; and achieve timely selection of rotation areas for better pasture management. In a latter phase, this data can additionally be used to delaminate grazing areas and assess if farms are emitting or sequestering carbon.
16:05-16:15 軌道間搬送サービス及びこれを用いたISSでの修理サービス提供 
チーム名:MiNi-D 代表者名:川崎 謙
地球近傍の軌道(低軌道〜静⽌軌道)間において、搬送機を⽤いて人工衛星の搬送サービスを提供する。また同じ搬送機にて、人工衛星をISSまで搬送し、修理サービスを提供する。搬送サービスを主な商品とし、修理サービスは搬送サービスのオプションサービスとして販売する。
16:15-16:25 物体を更新可能にする編み物方式3Dプリンタ「ソリッド編み機」 
チーム名:Solidknit  代表者名:廣瀬 悠一
編み物を用いた3Dプリンタ「ソリッド編み機」を開発し、宇宙現地での物品の製造・リサイクルを可能にする。ソリッド編みとは、編み物で中身の詰まったかたいものをつくることができるSolidknit独自の技術である。編み物を用いることで、椅子をほどいて机に編み直すといった「物体のアップデート」が可能になる。宇宙空間への物品運搬は莫大なコストがかかるため、この高リサイクル性は大きなメリットとなる。
16:25-16:35 Energy Orbit 
チーム名:Entropy Research & Development 代表者名:Mr. Aditya Baraskar
Power generation and management perform a substantial role in the satellite industry. The increasing annual number of satellites in Low Earth orbit will drastically heighten the need for continuous power. Currently, satellites implement a traditional method for power generation using the solar panel and radioisotope generator (RTG) with battery storage capacity. Such a system increases the weight, cost, and valuable space. And it can be lower by 15-25% by introducing Energy orbit (E-orbit), which is the concept of laser power transmission to customer satellites in LEO with 1600 Energy Satellite (E-Sat). E-Sat will also provide multiple services like energy transfer, orbit transfer, and de-orbiting to LEO-based satellites. Hence, customers will save a lot of money after accessing services from E-Orbit and generate new economic value with space sustainability.
16:35-16:45 スタートラッカを用いた宇宙状況監視による衛星衝突回避SaaS 
チーム名:スターシグナル・ソリューションズ 代表者名:岩城 陽大
宇宙空間の状況が不明確であることから衝突事故回避に過大な負担を被る国や民間事業者向けの人工衛星運用ソフトウェアアズアサービス。衛星搭載のスタートラッカを環境観測装置として利用することで、高精度かつ広範囲な宇宙状況監視網を軌道上に極めて低コストで構築する。衛星事業者への適切で正確な衝突回避情報の提供により、非定期・非効率なリスク対応活動である人工衛星の衝突回避運用を合理化し、宇宙環境を保護する。

その他詳細は決まり次第、随時本ページへ掲載します。

Go to page top