S-Booster 2018 新たな宇宙ビジネスアイデアコンテスト

応募資格

日本人、日本の法令に基づいて設立された法人、または日本での事業の実施を予定している方に応募資格があります。
個人による応募の他、グループでの応募も可能です。未成年の方は、成年の方とのグループでの参加をお願いします。

【留意事項】

  • 自らビジネスの創出・実現を行わない者によるご応募は不可とさせていただきます。
  • 反社会的勢力である者、反社会的勢力との間に過去・現在又は直接・間接を問わず、取引、金銭の支払い、便宜の供与その他一切の関係又は交流がある者、また、反社会的勢力に属する者又は反社会的勢力との交流をもっている者が役員に選任され、従業員として雇用され又は経営に関与している事実がある者は、応募することができません。
  • 上記に拘らず、当実行委員会が不適切と認めた応募者については、実行委員会の判断により応募資格取り消しとさせていただく場合がございます。

応募テーマ

宇宙のアセットを利用したビジネスアイデア。宇宙のアセット(各種人工衛星(通信・地球観測・測位等)、有人宇宙活動、宇宙輸送等の宇宙技術やそこで取得した衛星データや運用ノウハウ等、全てが対象)を利用したビジネスアイデアであれば、どのような提案でも応募可能です。既に実証されているものに限らず、将来実現すべき技術等でも構いません。

※宇宙のアセットを利用したビジネス事例

応募部門

ビジネスプラン部門

原則3年以内に事業化が見込め、さらに継続して高い収益が見込めるとともに、革新性が高く、さらに社会全体の生産性の向上や国民生活の質の向上などに大きく寄与することが期待できる新たなビジネスアイデア。

未来コンセプト部門

10年程度以内の実現を目指し、革新性が高く、社会全体への波及効果が期待できる新たなビジネスアイデア。但し、技術の進展や社会情勢の変化等、一定の仮定を設けた上での「実現性」も重視します。

※ 同一のアイデアを両部門にエントリーすることはできません。両部門へのエントリーが認められた場合には、最新の(後にエントリーされた)ご提案のみお受けいたします。

選抜プロセス

書類選考による一次選抜、プレゼン審査による二次選抜を通過したご提案に対し、メンタリングを受ける機会を提供します。
最終選抜では、公開での審査により表彰を行います。

01
応募受付

応募受付が完了したご提案より、順次審査手続きを開始いたします。

期間:4/27~5/31(17時)
※応募は締め切りました

02
一次選抜・二次選抜

一次選抜は、実行委員会により書類選考で行われます。必要に応じて、応募者への問い合わせ等が行われる場合があります。6月14日(木)以降、一次選抜通過者に対して、メールにてご連絡いたします。 一次選抜通過者に対して、二次選抜を行います。二次選抜は、6月29日(金)(予定)に都内にて、実行委員会の他、メンターも参画した形でプレゼン審査にて行われます。(スカイプ等での参加も可)

  • ※7月中を目処に、一次選抜、二次選抜を経てファイナリストが選定されたことを公表いたします。(件数のみ)
  • ※上記選抜を通して、ご提案への講評は行いませんので、ご了承ください。
  • ※一次選抜、二次選抜の落選したアイデアについては、応募者の同意に基づき、「宇宙ビジネス投資マッチング・プラットフォーム(S-Matching)」を通じて投資家等への情報共有が可能となります。
    http://www8.cao.go.jp/space/s-net/s-matching/index.html

期間:6月

03
メンタリング

二次選抜を通過したファイナリストに対し、実行委員会が選任するメンターから、メンタリング(事業化に係る経営面や精神面での助言、指導など)を受けることのできる場を用意いたします。メンタリングは双方の合意の下で行われます。

メンターの紹介

期間:7~10月

04
最終選抜

11月19日(月)に渋谷ストリームホールにて、ファイナリストによる公開プレゼンテーションを実施していただきます。
プレゼンテーション後、表彰を行います。
最優秀賞含む各賞は、審査員による協議の上、決定いたします。

開催日:11月19日(月)

※応募状況等によっては、スケジュールを変更する可能性があります。最新スケジュールは、本ウェブサイト上でお知らせします。
※二次選抜、メンタリング、最終選抜参加にかかる旅費等は応募者にてご負担ください。

審査ポイント

ビジネスプラン部門

審査項目 審査ポイント
収益性 将来的に十分な収益が見込める内容であること。
(例)
  • 具体性のある事業計画(市場分析やリスク分析等)
  • もしくは、将来性が期待される内容(新規市場の創出)
革新性 これまでにない新しい発想に基づき、宇宙という素材を活用した新たな製品・サービスを創出する内容であること。
(例)
  • 既存の宇宙ビジネスに新たなインパクトを与える提案。
  • 他分野が抱えるビジネス上の課題の解決に結びつく。
社会発展性 事業化により、社会全体への波及効果が期待できるものであること。
(例)
  • 宇宙を利用していなかった様々な層を取り込んでいける。
  • 地球規模課題への貢献、国民生活の向上への寄与。

未来コンセプト部門

審査項目 審査ポイント
革新性 これまでにない新しい発想に基づき、宇宙という素材を活用した新たな製品・サービスを創出する内容であること。
(例)
  • 既存の宇宙ビジネスに新たなインパクトを与える提案。
  • 他分野が抱えるビジネス上の課題の解決に結びつく。
実現性 技術の進展や社会情勢の変化等、一定の仮定を設けた上で、10年程度以内に事業化が可能な案件であること。
(例)
  • 既にあるものを活用した新しい事業提案。
  • 実証前技術であっても、それを実現する道筋がある。
社会発展性 事業化により、社会全体への波及効果が期待できるものであること。
(例)
  • 宇宙を利用していなかった様々な層を取り込んでいける。
  • 地球規模課題への貢献、国民生活の向上への寄与。

応募方法

-応募は締め切りました-

下記の事業提案書応募フォームに必要事項をご記入の上ご応募ください。

※応募は5月31日(木)17時に締め切ります。締切後の応募は一切受け付けません。
また、締切直前は応募が集中しサーバーが混み合う可能性もありますので、時間に余裕をもってご応募ください。

※メール・郵送等応募フォーム以外での応募は一切受け付けません。
事務局等にお送りいただいても全て無効となりますのでご注意ください。

※応募フォームは、2時間を経過すると送信できなくなります。
フォームには入力項目が多いため、あらかじめ「下書き」を準備してから、入力をすることをお勧めします。

応募は締め切りました

Q&A

1つのアイデアでビジネスプラン部門と未来コンセプト部門両方にエントリーすることは可能ですか。

同一のアイデアを両部門にエントリーすることはできません。両部門へのエントリーが認められた場合には、最新の(後にエントリーされた)ご提案のみお受けいたします。

応募内容を修正したい。応募時に参考資料の添付を忘れてしまった。

事務局宛に応募を取り消したい旨メールしたのち、再度フォームからご応募ください。

選抜結果はいつ分かりますか?

一次選抜、二次選抜を経てファイナリストが選定されたことは7月中に本ウェブサイト等での公表を予定しています。なお、選抜結果に関する個別のお問い合わせや、採択・不採択理由については一切お答えいたしかねますのでご了承ください。

応募したアイデアは、主催者が事業化するのですか?

応募したアイデアの事業化の権利は応募者にあります。主催者であるS-Booster 2018実行員会は、応募されたアイデアの事業化を支援します。

S-Booster のネーミングの意味はなんですか?

S-Boosterの「S」には、S-NET活動の一環として、宇宙(Space)を活用したアイデアによる起業(Startup)、その先にある成功(Success)という4つの「S」の意味が込められています。また、ブースターという名づけられたアイデアコンテストが推進装置として働き、市場という軌道に見事投入できるようになるまでサポートできるようにとネーミングしています。
※S-NET(スペース・ニューエコノミー創造ネットワーク):内閣府宇宙開発戦略推進事務局が2016年3月22日に立ち上げた、「宇宙」をキーワードに新産業・サービス創出に関心をもつ企業・個人・団体等が集まる場を構築する活動です。

応募は個人に限られるのですか?

個人の方だけでなく、企業・団体等、大学からも応募可能です。未成年者の応募については、成年者とのグループでの参加をお願いします。

海外からでも応募できますか?

日本人であれば、海外からでも応募できますが、一次選抜・二次選抜を通過した場合、東京で開催する最終選抜に自費で出席して頂く必要があります。このほか、日本の法令に基づいて設立された法人、または、日本での事業の実施を予定している個人、グループに限定させていただきます。

一人で複数の応募は可能ですか?

最大10件まで応募できます。応募要項に沿ってお願いします。

一次選抜について、内閣府、JAXA、NEDO、スポンサー企業ごとに選抜基準は異なりますか?

一次選抜は、実行委員会の協議により行います。各団体、企業によって異なる選抜基準は設けません。

スポンサー賞は、スポンサーの事業領域に近いアイデアが採択されやすいのですか?

スポンサー企業は、S-Booster 2018の趣旨に賛同し、その成功に向けた運営に参画しておりますので、基本的には、自社の事業領域に関わらず、あらゆるビジネスアイデアを求めています。

応募する提案は、賞金で事業化できる範囲のものである必要がありますか?

賞金は優れた提案を称えるために副賞として授与するものです。事業化に向けた必要な資金規模を記載する場合には、応募要項に添付する事業提案書に事業計画として記述してください。詳細な資金計画が立てられていない提案であっても、一次選抜を通過した提案については、最終選抜に向けて必要なフォローを行わせて頂きます。

知財などの権利は、主催者に帰属するのですか?応募した人に帰属するのですか?

知財の権利は、応募者に帰属します。

各賞は、誰が選ぶのですか?

最優秀賞及び未来コンセプト賞は、審査員の合議により決定します。
審査員特別賞は、特別審査員の合議により決定します。
スポンサー賞は、スポンサー企業が選んだ提案について表彰します。

受賞者に対して最終選抜後のイベント、フォローはありますか?

最終選抜の受賞者に対して、受賞者の希望と審査の結果に応じて、事業化支援を行います。

提案に関する権利関係、その他

  • 応募された提案に関する知的財産権
    応募された提案に関する著作権その他の知的財産権は応募者に帰属します。応募者は、主催者にこれらの権利を非独占的に許諾し、主催者が事業提案書を利用することおよび応募内容を実施することに同意するものとします。
    応募された提案は、第三者の著作権その他知的財産権を侵害していないものに限ります。万一、応募提案が第三者の権利を侵害している場合又は侵害するおそれがあると主催者が判断した場合(応募後に侵害となった場合を含みます)、受賞発表後でも受賞を取り消すことがあります。
  • 応募された提案のビジネス化対応
    応募された提案をビジネス化する場合、ビジネス化対応の検討成果の著作権、その他の知的財産権の扱いならびに主催者と応募者の役割分担等を定めるため、主催者は応募者と契約を締結できるものとします。なお、応募者がビジネス化を辞退する場合、主催者は自らビジネス化を行うことができるものとします。
  • 応募された提案の要約・改変・翻訳等の取り扱い
    応募フォームに書かれた情報やファイナリストによる最終選抜会での様子等は、主催者が広報PRのために雑誌、書籍、ホームページ、メールマガジン等の各種媒体で発表又は利用する場合がありますことご了承願います。これに伴って応募者が書かれた情報を要約、改変、翻訳など、一部変更することがあります。
  • 受賞後の経過報告
    受賞者には、受賞後の経過について政府宇宙関連イベント等にて報告していただくことで、継続して取組を周知できる機会を提供いたします。また、受賞後の賞金の使途実績についても報告を求めることがあります。
  • 個人情報の取扱い
    ご応募いただいた個人情報は、事務局から応募者への提案内容の問合せ、提案に対する質疑応答、審査の結果通知、審査の結果公表に利用させていただきます。原則として、ご本人の承諾なしに、それ以外の目的で個人情報を利用または第三者に提供することはいたしません。
Go to page top